タカタ会長兼社長が辞意表明

 自動車部品大手のタカタが28日に開いた株主総会で、の創業家出身の高田重久会長兼社長が辞意を表明しました。

 タカタはエアバッグで世界シェア20%を占め、同社の売り上げでも最大の売上高比率を占めていました。しかし、そのエアバッグに欠陥があり、リコールされた車種は累計で2000万台近くになっています。

 現在リコール費用は各自動車メーカーが立て代えていますが、今後のその立て替えた費用をタカタと動車メーカーがどう負担していくかは決まっていません。しかし、総額はゆうに1兆円を超えると見られ、タカタの純資産(約1200億円)を遙かに上回ります。

 今のところ国内外のメーカーやファンド等27社がスポンサー候補として名乗りを上げているそうですが、スポンサー選びにはリコール大を立て替えている自動車メーカーの同意が必要で、行く先は不透明です。

 高田重久会長兼社長は、これらの経営再建の道筋がついたところで辞任すると見られます。

ソフトバンク、ニケシュ・アローラ副社長が退任

 ソフトバンクグループの21日発表によると、ニケシュ・アローラ副社長が、孫正義社長との意見の相違により退任するそうです。

 ニケシュ・アローラ副社長は、グーグルのシニア・バイス・プレジデント兼チーフ・ビジネス・オフィサー(CBO)を務めていましたが、2015年に孫社長が自ら後継候補としてヘッドハント。同年、ソフトバンク代表取締役副社長およびヤフー取締役会長に就任。初年度の報酬が移籍金を含めて165億円にのぼることが明らかとなって、大きな話題になりました。

 しかし、数年以内に自分がソフトバンクグループのトップになることを望んだニケシュ氏と、あと5~10年は自らが指揮を執る意向だった孫社長との間でずれがあり、22日の任期満了に伴い退任する事になったものです。

 ニケシュ副社長については、株主からも「その報酬はどうよ?」って疑問が提起されていましたが、孫社長は「問題ない」と一蹴。それどころか「最重要な私の後継者候補」と宣言するほどでしたが、就任からわずか1年で退任することになりました。

鋼の錬金術師、実写映画化

 荒川弘原作の人気漫画「鋼の錬金術師」の実写映画化が決定しました。主人公のエドワード・エルリック役は山田涼介が務め、2017年冬に全国公開されると言う事です。

 「鋼の錬金術師」は2001年から2010年にかけて、月刊少年ガンガン(スクウェア・エニックス)にて連載された人気漫画です。産業革命時代のヨーロッパをモデルにした架空の世界で、国家錬金術師のエドワードと、禁断の錬金術実験の失敗により肉体を失った弟・アルフォンスが賢者の石を求めて冒険しながら成長する姿を描き、これまでにテレビアニメ化や劇場アニメ化もされました。

 キャスティングは山田涼介の他、ウィンリィ・ロックベル役に本田翼、ロイ・マスタング役にディーン・フジオカ、マース・ヒューズ中佐役に佐藤隆太、リザ・ホークアイ中尉役に蓮佛美沙子、マリア・ロス少尉役に夏菜、グレイシア・ヒューズ役に原田夏希、ショウ・タッカー役に大泉洋、ドクター・マルコー役に國村隼。
 ホムンクルスのラストに松雪泰子、エンヴィーは本郷奏多、グラトニーは内山信二、コーネロ教主役は石丸謙二郎が決定。曽利文彦がメガホンをとり、6月上旬にイタリアで撮影が始まります。

 しかし、原作は全108話。1回の映画で全てを描くことは不可能です。どのエピソードになるのか、それとも、全くオリジナルのストーリーになるのか。それにキャストは全員日本人、それで「鋼の錬金術師」の世界観を何処まで再現できるのか。グラトニーの内山信二はピッタリだと思いますけど。

 看護師さん、夜勤なしの求人あります