江田氏「統一会派は新党前提」

維新の党は16日、民主党の岡田代表が呼びかけている年内の統一会派結成への対応を協議するため都内で幹部会合を開きました。

 松野代表は統一会派結成に前向きなようですが、江田憲司前代表や井坂信彦政調会長らは将来的に民主党を解党しての新党結成を前提とすることを求めており、統一会派には否定的だと言うことです。

 維新の会が民主党に参加する形では、議席数の少ない維新は埋没するだけ、と言う危機感が江田前代表にはあるようです。民主党内にも、維新と民主の両党を解党して年内に新党結成を目指す前原誠司元代表や細野政調会長らがおり、12月6日投開票の党代表選では、統一会派への対応が争点になるかもしれません。

 しかし、江田憲司の所属する政党は、みんなの党、結いの党、維新の党と毎回必ず分裂騒ぎが起きて、本人は常にその中心にいるのですが、どうしてなんでしょう?。ただの偶然ではないと思いますし、民主党の分裂フラグになるんじゃないでしょうか?。