福士加代子、名古屋ウィメンズの出場を辞退

 名古屋ウィメンズマラソン組織委員会の1日発表によると、一般参加でエントリーしていた福士加代子(33)は同大会を欠場するそうです。

 福士は1月に行われた大阪国際女子マラソンで、日本陸連の定めた派遣設定記録2時間22分30秒を突破する2時間22分17秒で優勝。リオデジャネイロ・オリンピック代表は確実かと思われましたが、陸連からは代表確定の表明はありませんでした。そのため、福士はリオデジャネイロ・オリンピックの最終選考会になっている名古屋ウィメンズへの出場を表明。これに対して陸連は「本番に向けメダルを目指す盤石の態勢を整えてほしい」として、出場を取りやめるように異例の要請をしていました。

 「オリンピックへ向けて態勢を整えて欲しい」と言いながら、代表確定はしない。陸連は凄く虫の良いことを言ってますね。こう言う態度だから、毎回代表選考で揉めるんじゃないでしょうか?。

 福士側は「総合的な判断の結果」としていますが、その心中やいかに?。