米軍人の所有車、激突し全焼

1日午前2時半頃、青森県八戸市糠塚の県道で乗用車が道路左側の民家のブロック塀と電柱に衝突、炎上し全焼する事故がありました。110番通報を受けて八戸署員が駆けつけたところ、車内は無人だったと言う事です。

同署は、車を所有するアメリカ軍三沢基地所属の男性軍人から事情を聞いていますが、男性は「車は盗まれたかもしれないし貸したかもしれないし(自分は)寝ていたかもしれない」などと事故への関与を否定しているといいます。

自分の車が盗まれたのか貸したのか判らないと言う事はあり得ませんし、自分が寝ていたかどうかはっきり覚えていないのも見え透いた嘘です。現在在日アメリカ軍では、沖縄で発生したアメリカ軍兵士による集団強姦致傷事件を受けて夜間外出禁止令が出ており、禁止令を破って事故を起こしたのではかなりまずいことになるので、とぼけているのでしょう。実際に夜間外出禁止令が出た後も、夜間に飲酒して他人の家に不法侵入するなど、不祥事が後を絶たず、飲酒の禁止令まで出るような有様です。

関電が値上げ申請

関西電力は26日、電気料金の値上げを政府に申請しました。家庭向け電気料金が平均11.88%、認可が不要な大口の企業用が同19.23%で、いずれも来年4月1日の実施を目指しています。

関西電力株式会社は京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県および福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(熊野市以南)、さらには岐阜県不破郡関ケ原町の一部を営業区域としています。全国の電力10社の中で最も原子力発電の比率が高く(過去10年平均で48%)、そのため福島第一原発以降の原子力発電停止の影響を最も強く受けています。2012年3月期には過去最悪の最終赤字2422億円を計上しています。

家庭用は認可が必要なため、申請の通り値上げが認められるとは限りませんので、どの程度の値上げになるかは不透明です。しかし、企業向けは認可が不要なのでそのまま通る見通し。最近円安傾向とはいえ、まだまだ輸出競争力が回復する水準ではなく、この上電気代が大幅に上がるのでは、特に製造業にとっては製造コストに直結するため死活問題です。

白鵬、史上5位の23度目V

24日に行われた大相撲九州場所の14日目(福岡国際センター) で、横綱の白鵬が4場所ぶり23回目の優勝を飾りました。

ただ1人1敗を守っていた白鳳を3敗で追っていた旭天鵬が琴奨菊に敗れ、千秋楽を待たずに、と言うかこの日の自身の取り組みを待たずに優勝が決定。23回目の優勝は貴乃花の22回を抜き、北の湖の24回に次ぐ歴代5位の数字。この安定感ならまだまだ数字はのばせそうです。

大相撲の歴代の優勝回数は

1位 大鵬幸喜 32回
2位 千代の富士貢 31回
3位 朝青龍明徳 25回
4位 北の湖敏満 24回

そして5位に貴乃花光司と白鵬翔の22回が続いていました。

朝青龍の引退以降、大相撲は白鳳の一人勝ちのような状態です。白鳳が強いのが、それ以外の力士が弱いのか。大関陣も、一時的には注目されても、結局白鳳を脅かすような存在にはなれず。もし朝青龍があんな形で引退していなければ、毎場所2横綱が競い合う姿が見られたかも知れませんが・・・。このあたりも大相撲人気が低下している理由の一つでしょう。